「1%還元」と「100円につき1ポイント」の違いとは何?還元率と付与率の違いに迫る。

Others

実際問題一緒なのでは?

こんにちは。ばるーんです。

みなさんクレジットカードやQR決済アプリはご使用になりますか?

自分はポイント大好きマンなので、クレジットカードや決済アプリなどを比較する際はいつも、ポイントの還元がどれくらいなのかを意識してしまいます。

しかしその際、気になるのが

 

・1%還元!

 

・100円のご利用につき1ポイント

 

という記載の違いです。

上のほうは1%還元なんですから、仮に100円使ったとしましょう。

100円の1%なんで、1ポイント還元です。

これは実質100円利用で1ポイントゲットっていうことになりますよね。

これって一緒って思いません???

ただの数字のマジックなのでしょうか?

見ていきましょう。

違いのカギは付与率と還元率

 

上の問題を紐解いていくために欠かせないのが

「付与率」

「還元率」

の違いになります。

ではその違いとは何なのでしょうか?

「付与率」とは?

付与率は簡単にいうと

「あなたがどれぐらいポイントをもらえるのか」

という割合です。

もらえるポイントだけで、そのポイントの価値はここでは関係ありません。

最初の例でいうと

100円のご利用で1ポイント

というのがこの例に当たります。これは付与率1%ですよね。

そして、ポイントは貯めるだけでは意味がありません。

(たまにポイントを貯めるのがだけが大好きな人はいますが…)

使ってこそ意味のあるポイントです。

その時にチェックしなければいけない項目が「還元率」になります。

 

「還元率」とは?

「還元率」とはそのポイントを使用するときに

どれぐらいの価値を持っているのかを表しています。

 

例えば、ここに2枚のカードがあるとします。

 

A. ポイント付与率1%のカード

B. ポイント付与率5%のカード

 

両方のカードで一万円を使用した場合得られるポイントは

 

A. 100ポイント

B. 500ポイント

 

ですね。ここまでだとBがお得に見えます。どう見てもBのほうがポイントがたまっていますからね。

ですがもし。

 

A. 1ポイントにつき1円と同じ扱い(100P = 100円)

B. 5ポイントにつき1円と同じ扱い(500P = 100円)

 

であったならどうでしょうか?

AとB両方が1万円使って100円を手に入れてますね。

つまり、AとB両方の還元率は1%になります。

これが還元率です。

付与率も大切ですが、そのポイントを使うための還元率のチェックも欠かせないですね。

 

還元率のケーススタディ

 

上ではちょっと極端な例を見てしまいましたが、ちょっと現実の例を実際に比較してみましょう。

例えば、私が現実でヘビーユースしている

「LINE Pay」

ですがこのサービスは

「還元率0.5%~2%」(使用率によって変化)

となっています。

つまり、最低でも200円使えば、1円と同じ価値になるわけです。

還元率なのでわかりやすいですね。

 

次にau WALLETプリペイドカードを見ていきましょう。

公式サイトによれば、au WALLETプリペイドカードは一部サービスを除いて

「200円のご利用で1ポイント」

貯まります。

ここまでの段階ではあくまで「1ポイントたまる」という状況しかわかりません。

ちなみに、このポイントは1Pにつき1円としてチャージ可能なので、

還元率は0.5%になります。

このように表示の違いがありますので、ぜひポイントでカードなどのサービスを比べたいときはご注意ください。

 

まとめ

まとめてみました。

付与率と還元率の違いです。

実は還元率が低かった…

などとならないように注意してみてください。

ラインペイが気になった方はこちらもどうぞ。

LINE Payとは?怖くない?超入門解説【ラインペイ初心者向け】
>>本文を読む

ありがとうございました。

Twitter

タイトルとURLをコピーしました