SBIが新送金サービス「Money Tap(マネータップ)」との連携開始

ニュース

昨日10月4日、住信SBIネット銀行株式会社が新たにリリースされた送金サービスである「Money Tap(マネータップ)」との連携を開始したことを発表しました。

「Money Tap(マネータップ)」は銀行間での送金を24時間365日いつでもリアルタイムで行うことのできるアプリです。

登録の際に、電話番号やそのほかの個人情報などの入力が必要とされますが、これを行うことによって、銀行の口座番号だけではなく電話番号やQRコードを利用した送金も行うことができるようになります。

ダウンロード、登録ともに無料で行うことが可能で、1日10万円、1回3万円迄の送金であれば手数料も無料でこれを行うことができます。

「Money Tap(マネータップ)」に関して、SBIHDsによるプレスリリースでは、以下のような説明が記載されています。

「Money Tap(マネータップ)」は、SBIホールディングス株式会社の子会社で電子決済等代行業を営むSBI Ripple Asia株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:沖田 貴史、以下「SBI Ripple Asia」)が事務局を務める「内外為替一元化コンソーシアム」において、参加銀行と共同開発したスマートフォン向け送金アプリです。2018年10月現在、住信SBIネット銀行、スルガ銀行株式会社、株式会社りそな銀行の口座間での送金が可能です。「Money Tap(マネータップ)」に対応する金融機関は、順次拡大していく予定です。

上述の通り現在は、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3行にしか対応していませんが、今後サービスの拡大に応じて利用可能な銀行機関が増えていくようです。

SBIが先日カンファレンスにて実証実験を開始すると発表したSコインに関しては、以下の記事をご覧ください。

SBIホールディングスが「Sコイン」の実証実験開始
昨日SBIより、スマホ上でチャージや決済を行うことのできる独自通貨である「Sコイン」の実証実験を、六本木でグループ(SBIHDグループ)社員向けに開始したようです。(日本国内で、このように独自コインが実用化されていく例はおそらく国内初だと思

 

タイトルとURLをコピーしました