りそな銀行が「りそなウォレットアプリ」を発表。キャッシュレス促進へ。

ニュース

りそなウォレットアプリを発表!

株式会社りそな銀行は2018年2月18日に

りそな銀行

並びに

埼玉りそな銀行

でこれまで使用していた「りそなデビットアプリ」からより便利になった「りそなウォレットアプリ」を発表した。

既存のりそなデビットアプリでは

利用金額や明細などの確認がメインの機能で、決済の機能はなかったが、今回の「りそなウォレットアプリ」ではスマホひとつで決済が可能になる。

りそなウォレットアプリはどんなアプリ?

 

今回の発表にあたり、りそな銀行は5つのポイントを打ち出している。

・プリペイド機能

・口座即時決済機能(いわゆるデビット機能)

・後払い機能(いわゆるクレカ的機能)

・おつり貯蓄

・クーポン機能

だ。

ウォレットアプリを名乗っているだけあり決済の方法は多様だ。

これまで多くのモバイル決済アプリは、プリペイドのみ、またはプリペイドとクレジットカード連携型だったが、りそなアプリの場合、プリペイドから、デビット、クレジットカードまでと幅広く決済方法の選択ができる。

これはまさに銀行としての強みだろう。

おつり貯蓄機能もfinbeeと提携して行うようだが、実際にどう扱えるのかは実際にアプリを使って実験してみたいところだ。

具体的な加盟店はまだ発表されていないので、クーポンの幅も未定だが、どのようなインセンティブを見せてくれるのか期待したいとことでもある。

また、公式の発表スライドには、このアプリでキャッシュカードの機能もあると載っているがアプリのみでどれほど解決できるのかも期待したい。

キャッシュカードとクレジットカードだけでも一つのアプリで解決するのであればありがたい人も多いのではないだろうか。

ソース

https://www.resona-gr.co.jp/holdings/news/hd_c/download_c/files/20190218_1a.pdf

まとめ

モバイル決済にどんどん大手が参入してきている。

群雄割拠だが、どう形を成していくのかこれからもチェックしていきたい。

Twitter

タイトルとURLをコピーしました