登録不要・現金併用可能な「QUOカードPay」が始動!メリットデメリットまとめ。

ニュース

QUOカードPayが店頭利用スタート

 

「QUOカード」などで有名な株式会社クオカードが提供している「QUOカードPay」が2019年3月26日より店頭での利用が可能になりました。

サービス提供初日の段階で使用可能なブランドは全部で10種類で

・ローソン

・ナチュラルローソン

・ローソンストア100

・サンドラッグ

・ドラッグトップス

・Vドラッグ

・トモズ

・東急ハンズ

・有隣堂

・上島珈琲店

となっています。今後も対応ブランドは拡大していく予定だそうです。

 

登録不要&現金併用可能なサービス

QUOカードPayはLINE PayやPayPayなどのように携帯の画面を表示することで決済を行うことのできる「QR/バーコード決済」のサービスです。

しかしそれらのアプリとの違いとして、アプリなどのダウンロードや登録を行わなくても利用できるというメリットがあります。これまでの決済アプリではダウンロード&登録必須かついざ決済を行おうと思ったらアップデートしなければいけないなど、アプリならでは使いずら差がありましたが、QUOカードPayではそのようなアプリのわずらわしさがありません。

インターネット環境さえあればすぐに使用することができます。

ギフトショップから購入することで発行されるURLを開くことですぐにバーコードを開くことができるので非常に楽でしょう。

また、もう一つのメリットとして「QUOカード」と同様に現金と併用することができます。
例えば、531円の買い物をしたとして、500円分のQUOカードPayの残高があれば、31円の現金で不足分を支払うことが可能です。

これまでのバーコード決済にはなかった部分ですのですこし面白い部分ではないでしょうか?

 

アプリ版QUOカードPayのメリット

 

アプリダウンロードや登録不要で使うことはできますが、一応アプリ版も出ているようです。もちろんただあるわけではなくアプリ版ではアプリ版で楽な部分があります。

アプリ版の場合、送られてきたQUOカードの残高が一つにまとめられ有効期限が近いものから自動的に使用されるようになります。

 

考察

ここまでプラスな部分をまとめてみたので、実用性があるかということから考察していきたいのですが、このサービスを見る限り頻繁に使用するというような実用性はなさそうですね。(そもそもギフトカードであるサービスにそれを求めるのはお門違いという気がしないでもないですが、一サービスとしてみたときに。)

登録不要というのは面白いですが、例えば親しい友人からラインでURLが送られてきたとしても、LINEで会話をしているうちにURLまで遡るのが億劫になりそうですし、よほどのことがない限り「管理しよう」と思ったらアプリは必要になるのかなという気がします。

しかも、最短で翌日納品ですから、困った時に即チャージというわけにはいかなそうです。

また、これは余談なのですが、

もらって、うれしい。デジタルギフト | QUOカードPay
デジタルギフトの新定番、QUOカードPay(QUOカード ペイ)。メールでURLを送るだけで、手間も送料かからず簡単にプレゼントでき、利用時もアプリ不要で誰でも気軽に使えます。QUOカードPay, QUOカード ペイ, デジタルギフト, スマホ決済

こちらが公式サイトになります。みなさんはこちらのサイトをみてどう思うでしょうか。

自分がこのサイトで調べものをして、一番感じたのが

「で、結局どこでQUOカード買えばいいの?」

という疑問でした。

使い方として、もらう前提で話しているのでどうやって使うんだろう…という疑問が残りました。(2019年3月26日現在)(ギフトカードだというツッコミはなしで)

ちなみに、購入したい場合はこちらから購入可能なようです。興味がある方はどうぞ。

QUOカード(クオカード)のご購入はクオギフトショップ:株式会社クオカード
QUOカード(クオカード)は、コンビニ・ガソリンスタンド・書店などで商品券としてご利用できる便利なプリペイドカード(ギフト券)です。

 

あくまでも、もらって渡してのギフト感覚で使うのが一番そうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました