LINEがVISAと包括的パートナーシップを発表。ブロックチェーンの活用も。

ニュース

LINEとVISAが包括的パートナーシップ発表

以前からLINEはVISAのクレジットカード発行を発表していました。

LINEが国際ブランドVISAのクレジットカードを発表!3%の高還元率!
>>本文を読む

今回の発表ではさらにVISAと連携を強めていく方針のようです。

今回の発表の大きな軸は2点。

・VisaカードをLINE Pay内から新規発行・利用可能に

・グローバルでの決済・送金サービスのほか、ブロックチェーンを活用した革新的フィンテックサービスを提供予定 

 

VISAカードをLINE Payから発行

これまでLINE Payから発行できるカードは国際ブランドのひとつである「JSB」のみでした。VISAの選択肢が増えることで、決済の幅が広がるだけでなく、海外での利用もさらに拡大させることができるでしょう。

更なる利用拡大のためにポイント還元などのロイヤリティプログラムも計画しているそうです。どうさらに認知を広げていくのか気になりますね。

 

ブロックチェーン利用のフィンテックサービス

こちらは消費者的にはあまり触れることができるかはわかりませんが、ブロックチェーンを利用したB to Bの国際送金や代用通貨取引のフィンテックサービスを提供する予定のようです。

 

上記のどちらもまだ詳しい日程などは発表されてはいませんが、どのようにお金の流れをスムーズにするのか注目して調べていきたいと思います。

 

ソース

LINE Pay and Visa to partner on next-generation fintech solutions, digital payment cards | LINE Corporation | News
・Companies will collaborate on innovative financial experiences in global payments, transfer platforms and blockchain ・Visa cards to be integrated in LINE app

 

タイトルとURLをコピーしました