グーグル、「ダブルアイリッシュ・ウィズ・ア・ダッチサンドイッチ 」を廃止へ

ニュース

Googleの親会社Alphabetは、「ダブルアイリッシュ・ウィズ・ア・ダッチサンドイッチ」として知られる知的財産権のライセンス体系を今後利用しないことになり、米国税の支払いを遅らせることができると、2018件の納税申告書に記載されている。

Googleの広報担当者は2019年12月、ライセンス体系を廃止することを確認し、これは国際ルールに沿ったものであり、2017年の米国税法の改正に従ったものであると述べた。

同文書には、「当社のライセンス活動の終了日は上級幹部によってまだ確認されていませんが、経営陣はこの終了が2019年12月31日または2020年中に行われることを期待しています。」と記されている。

オランダ商工会議所に提出された文書には、「したがって、当社の売上高およびライセンス活動から生じる関連費用は、本日をもって終了します。」と記されている。

Googleは、国際的な税金最小化戦略を利用する他の多国籍企業と同様に、すべての税金を支払うと常に述べてきた。

広報担当者は声明で、「当社は現在、企業構造を簡素化しており、知的財産(知的財産)をバミューダではなく米国からライセンス供与する予定です。」と述べた。

「過去10年間のすべての年間所得税と一時所得税を含めると、世界の実効税率は23%を超えており、そのうち80%以上が米国内の納税義務です。」

10年以上にわたり、オランダ、アイルランド、米国の税法は、Googleの非米国事業の利益に対して1桁の実効税率を適用することを認めており、これは海外市場の平均税率の約4分の1に相当する。

このオランダの子会社は、米国外で得たロイヤリティ収入を、法人税を納めていない子会社 「Google Ireland Holdings」 (本社・バミューダ) に振り替えた。

この課税戦略は合法的なものであり、Googleは海外利益の大部分を占めるファンドに対して米国の所得税や欧州の源泉徴収税を課すことを回避できた。

欧州連合と米国からの圧力を受けて、アイルランドは2014年にこの取り決めの段階的廃止を決定し、2020年にGoogleによるアイルランドの税制優遇措置を終了した。

2018年1月に施行されたトランプ政権の 「減税と雇用法」 は、米国企業が海外に利益を保存しておくことをよしとしていない。現在、海外で稼いで課税された利益は、米国に返還されても課税されない。

バミューダに本拠を置く「Google Ireland Holdings Unlimited Co. 」は2018年に提出した書類で、将来的には知的財産のライセンス供与や負債証券の保有は継続しないが、株式投資業務は継続するとしている。

 

ソースはこちら
https://www.reuters.com/article/us-google-taxes-netherlands/google-to-end-double-irish-dutch-sandwich-tax-scheme-idUSKBN1YZ10Z

タイトルとURLをコピーしました