中国 独身の日がヤバすぎる件 2分で1600億円!

ニュース

こんにちは。hmzです。

11月11日は世間ではおそらく「ポッキーの日」かもしれませんが、中国では「独身の日(光棍節 – こうこんせつ)」と呼ばれ、Eコマースなどがあり得ない勢いで盛り上がっています。

この独身の日の紹介に併せて、このヤバすぎる祭典に関しても少し触れていきたいと思います。

11月11日 W11 – ダブルイレブン

出典元:Yahoo! ニュース

Yahooでは今回のイベントをW11(ダブルイレブン)と呼んでいますね。かっこいい。

昨年に引き続き、中国EC最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)の取扱高が独走しているとのことです。

タイトルにある通り、その取扱高は開始からわずか2分5秒で100億民币(1民币 = 16円換算で 約1600億円)を突破しています。

ガッキーのポッキーのCMが今年で12周年…

ポッキー食ってる場合じゃねえ!!!

昨年の100億民币突破は、同じくYahoo!ニュースを参考にすると3分1秒と言われているので、凄まじいペースで規模が拡大していることがわかると思います。

なお、昨年の2017年11月11日の阿里巴巴集団の1日の売り上げは1682億民币(日本円換算 – 2兆8594億円)で前年度比39.3%となっています。

2018年11月11日

情報元:Weibo(中国語)

情不知如何而起,竟一往情深。
恰如我们。
十年前,因为相信,所以看见。
十年后,就在眼前,看见一切。
————2018天猫双11全球狂欢节全天成交额2135亿元。

何言ってるかさっぱりわかりませんが、2018年11月11日の一日の売り上げが2135億民币(日本円換算 – 3兆4160円)となっています。

昨年と比較すると20%弱の伸び率とです。

今年で10回目となる阿里巴巴集団の「独身の日」戦略ですが、既にその規模は中国という枠を超えて世界75か国・地域を巻き込むほど大きなものとなっており、東南アジアに展開する同グループの大手EC「Lazada」でもショッピングフェスティバルが実施されています。

今年は、シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・フィリピン・ベトナムの6か国でも各国初となるフェスティバルが開催されました。

まとめ

日本にはない脅威のスピード感で成長する中国の市場は間違いなく注目すべきだと考えています。

ちなみに以下は、ダブルイレブンで安くなってた商品リストの一部になります。

1111(ダブルイレブン)に備えよ。

タイトルとURLをコピーしました