docomoが行う改革は、携帯料金削減に繋がるのか?来年度へ向け調整へ

ニュース

分離プランに熱心な総務省

菅官房長官の「携帯料金は4割程度下げる余地がある」発言を発端にいろいろな改革を迫られている大手キャリア3社ですが、docomoはその調整に入っているようです。

今朝の読売新聞のニュースによると

NTTドコモが、携帯電話の料金プランを抜本的に見直し、来年度から値下げする方向で検討していることが28日、分かった。スマートフォンの端末代と通信料金を分ける「分離プラン」の拡大が柱となる。政府から料金の高止まりに対する批判が出る中、ドコモとしての対応策を打ち出す。(読売新聞より)
表示できません - Yahoo!ニュース

ニュースからでは

どの程度値下げの幅があるのか

なぜ分離プランなのか

という点には触れられていませんが、なぜか総務省はここに熱心です。

本当に端末の月サポートなどは消えていきそうな雰囲気はでていますね。

複雑なプランはいらない!利用者の声

さらに、実際にニュースのコメント欄を見てみても(ネットの声がマジョリティだとは思いませんが)

改革はともかくとして

「複雑なプランはいらない」

「複雑化してわかりにくくするのはやめてほしい」

等の声も上がっています。

ただ、docomoの現状のプランってそんなにわかりにくかったでしたっけ?

docomoのプランって、基本のプラン(かけ放題プラン)など4つにパケットのプランを組み合わせるだけなんですけどね。

分離プランを導入することで、どう安くしたいのかいまいち意図が見えずらいという事と、MVNOとのすみ分けをどう行うのだろう、という疑問も残ります。

個人的に反対ではないので、そういう疑問を払拭できればうれしいなと思います。

上の複雑なプランの回答として、Softbankは非常にシンプルなプランを出していますが、全ての人がそれを受け入れられるとは思わないので。

まとめ

個人的にはずっとラインモバイルをメイン回線にしているので、今後の動きは注目程度に思っていますが、キャリアユーザーからすると目が離せない動きですね。

ただ、増税に備えての注目をそらしているだけという話もあるので、ぶっちゃけ期待は持てないかなというのが筆者の回答です。

本当に安くなるならまたキャリアに戻るのもありなのかなぁ…

Twitter

タイトルとURLをコピーしました