大卒はオワコン?アップルやグーグルなどが採用基準から”大卒”を削除

ニュース

こんにちは。ばるーんです。

先日こんな記事が話題に上がっていました。

Google, Apple ditch college degree requirements

https://www.axios.com/google-apple-college-degree-hiring-a290bca8-65a7-4de2-8fa9-d93b4c30457a.html 

直訳していくと

グーグル、アップルが大学卒の採用をやめる。

といった記事ですが、実際はこの2社だけでなく15もの会社が大卒を採用基準から無くしています。正確にはGlassdoorというアメリカの求人サイトにおいて15の会社が採用基準において「大卒」をその限りから外すと発表しています。
一気に門戸が広くなる(ように聞こえる)この発表ですが、日本ではどのような動きがこれから起きていくのでしょうか。

実際問題、日本では少子高齢化が進み、会社も人員の確保が難しくなっていく中、大学は定員割れを起こしています。

私大苦境…4割定員割れ、78法人が破綻の恐れhttps://www.yomiuri.co.jp/national/20180825-OYT1T50079.html?from=tw

明確な人材の見極め方も難しい中、これからどうなっていくのが非常に面白くもあります。

まずは下にその15の会社をまとめてみました。

15の会社とは

・apple

アップル(英: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。
(wikipediaより参照)

実際の求人

————————————————————————————————

・Google

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。
(wikipediaより参照)

実際の求人

————————————————————————————————

・Ernst & Young (EY)

会計事務所の会社です。

アーンスト・アンド・ヤング (Ernst & Young、略称EY) は、ロンドンを本拠地とし世界各国で会計、税務、アドバイザリー・サービスなどのプロフェッショナル・サービス事業を展開するサービス企業である。
デロイト トウシュ トーマツ、KPMG、プライスウォーターハウスクーパースと並び、世界4大会計事務所・総合コンサルティングファーム (Big 4) の一角を占める。世界150ヶ国、700都市に展開している。
2017年度には、Universum社による”World’s Most Attractive Employers”(世界トップレベルの大学生、大学院生の就職人気ランキング)においてプロフェッショナルサービスでトップ(ビジネス全体では3位)を獲得した。
日本ではEY Japanとして活動を展開している。(wikipediaより参照)
————————————————————————————————

Penguin Random House

ペンギン・ランダムハウス (Penguin Random House) は、アメリカ合衆国に本社を置く、世界最大の出版社である。(wikipediaより参照)
————————————————————————————————

・Whole Foods

ホールフーズ・マーケット(英: Whole Foods Market, Inc.、NASDAQ: WFM)は、テキサス州オースティンを本拠とする、アメリカ合衆国のグロサリー・ストア(食料品スーパーマーケット)チェーンである。
アメリカ合衆国を中心に、カナダとイギリスを含めて、合計270店舗以上を展開(2007年9月現在)する。グルメ・フード、自然食品、オーガニック・フード、ベジタリアン・フード、輸入食品、各種ワイン、ユニークな冷凍食品も品揃えし、いわゆる「グルメ・スーパーマーケット」と呼ばれる比較的高級志向の食料品小売店に分類されている。(wikipediaより参照)
————————————————————————————————

・Costco Wholesale

コストコ(Costco、正式社名:Costco Wholesale Corporation)は、アメリカ合衆国に本社を置くウェアハウス・クラブ(会員制倉庫型卸売・小売)チェーンである。本社はワシントン州シアトル郊外のイサクア。(wikipediaより参照)
————————————————————————————————

・Nordstrom

ノードストロームまたはノードストロム(Nordstrom) とは、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本部と本店をおく、全米でも有数の大型百貨店チェーンである。
ノードストロームは、全米最大の高級百貨店である。シアトルにある本部と本社は法人である。アパレル・ストアとして、ニューヨーク証券取引所(ティッカーシンボル:JWN)にも上場している。競合する高級百貨店はブルーミングデールズ、ニーマン・マーカス、サックス・フィフス・アベニュー、ロード・アンド・テイラー等。
日本では1999年に西武百貨店が国内販売契約を締結している。
(wikipediaより参照)
————————————————————————————————

・Home Depot

ザ・ホーム・デポ(英:The Home Depot)は、アメリカ合衆国ジョージア州に本社を置く住宅リフォーム・建設資材・サービスの小売チェーンである。
1978年に設立され、翌1979年、アトランタ郊外において百貨店のJ.C.ペニーからリースされたスペースを使って最初の2店舗を開店した。
現在では、アメリカ(50州、ワシントンD.C.、プエルトリコ、米領ヴァージン諸島、そしてグアムを含む)、カナダ(10州)、メキシコ、そして中国に2,141のビッグ・ボックス形態の店舗(文字通り大きな箱で売る量販店)を展開している[1]。グアムには2007年11月14日に出店した。
ザ・ホーム・デポはアメリカ最大の住宅リフォーム小売チェーンであり(2位はライバルのロウズ)、世界有数の小売チェーンである。
(wikipediaより参照)
————————————————————————————————

・Lowe’s

ロウズ・カンパニー (Lowe’s Companies, Inc.、NYSE: LOW)は、アメリカ合衆国の住宅リフォーム・生活家電チェーンである。
1946年にノースカロライナ州ノースウィルクスボロで設立され、今では米国各州とカナダにある1,615店舗に週1,400万人の顧客が訪れる。
バーモント州サウスバーリントンへの出店により、全米50州への出店を果たした。2007年のオンタリオ州ハミルトンへの出店を皮切りにカナダへも展開している。ロウズ・カンパニーはフォーチュン500社中48位である。
2008年現在、ノースカロライナ州シャーロットのアップタウンから北へ約30分のムーアズビルに本拠を構えている。ロウズは米国で2番目に大きなハードウェア・チェーンである(1位はホーム・デポ、3位はメナーズ)。
(wikipediaより引用)
求人発見できず。
————————————————————————————————

・Chipotle

チポトレ・メキシカン・グリル(Chipotle Mexican Grill)は、アメリカ、イギリス、カナダ、ドイツ、フランスに店舗を構えるメキシコ料理レストランチェーン。
(wikipediaより引用)
————————————————————————————————

Bank of America

バンク・オブ・アメリカ(英語: Bank of America Corporation)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州のシャーロット市に本社を置く銀行である。バンカメリカやバンカメの略称で呼ばれることもあり、英語の略称はBofAである。ニューヨーク証券取引所上場企業(NYSE: BAC)。なお、名称から「アメリカの中央銀行」と間違えられるが、中央銀行ではない。
(wikipediaより参照)
————————————————————————————————

・IBM

IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上[1]で事業を展開している。
(wikipediaより参照)
————————————————————————————————

・Starbucks

スターバックス(英: Starbucks Corporation、NASDAQ: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。
(wikipediaより参照)
実際の求人
————————————————————————————————

・Publix

アメリカに展開しているファーマシーかつスーパーマーケットチェーン店です。

実際の求人

————————————————————————————————

・Hilton

ヒルトン・ホテルズ&リゾート(Hilton Hotels & Resorts)は、ヒルトン・ワールドワイド(Hilton Worldwide、正式にはヒルトン・ホテルズ・コーポレーション、Hilton Hotels Corporation)が国際的に展開しているホテルチェーンである。現在、90カ国以上で4,000軒以上のホテルを運営している
(wikipediaより参照)

大卒はオワコンになるのか?

さて、以上15企業をまとめてみましたが、アップル、グーグルのようなタイトルで注目されているような企業だけでなく、みなさんが耳にしたことのあるような企業も多かったのではないかと思います。

記事だけ読んでしまうと

「えっ?!誰でもそんな有名企業に入れるようになるの?」

「わいもワンチャンあるやんけ!」

と思えるような希望溢れる記事になっていますが、実際に求人を見てみるとそんな単純な問題ではありません。

例えば、グーグルのData Scientistは年収最低142,000ドル(日本円にして約1500万, 2018/08/26現在)となっていますが、それは別に全員が申し込めるわけではありません。

上の写真を見ていただければ、わかると思いますが

そもそも条件として、PhDのdegreeや同じようなデータサイエンティストとしての仕事経験(かつPythonなどの経験)が必要であったりと、決して楽ではない、というかやはり多くの人が当てはまるようなものではないと思います。

日本でも広く展開している、スターバックスのstore manager(年収46,000ドル)では

 

大卒の資格こそいらないものの、3年のスターバックスの業務経験と強いリーダーシップ(曖昧…)が必要となっており、「誰でもなんにでもなれるんだ!」というようなディズニーのような世界観ではないことがうかがえます。

単純に、大卒がオワコン化するとは言い切れませんが、かといって学歴による差別があっていいというわけではありません。(能力あるなしはここでは議論しないものとする。)
様々な人材の雇用は職場の多様性を生みます。

この改革が行われているアメリカでは先月、トランプ政権が大学入学におけるアファーマティブアクション(入学におけるマイノリティの優遇)を廃止していくことを発表しました。

雰囲気として、これまで環境として作られていた多様性やコミュニティが「門戸が広くなり、だれでも雇えることにより、実力で多様性を生み出す」という段階によりシフトしたように感じます。
つまり、流れとして、「大卒」ということ自体はまだオワコン化してませんが、「大卒でしかない自分」でいることはどんどんオワコン化していくかもしれません。(というか実際オワコン化していっている。)
日本でも転職への流れが増えている中、個人としてのキャリアアップは必須のものになっていくでしょう。

明確な人材採用基準は作れるのか

2013年と少々古くなってしまいますが、グーグルがフェルミ推定は意味がないと認めたニュースがありました。

現状、企業と求職者をマッチングさせることは難しいです。

マイ●ビやリク●ビなどを使用したことのある方は経験があると思いますが、未だに

「俺はそんな企業興味ねーから!!!」

とか思ってしまうような企業とマッチングさせようとされます。しかしそれが起こるのは自明で、企業が求めている人材、そして求職者は、基準自体が曖昧でポテンシャルなどをはかることは現状のサービスではとても難しいです。

ブロックチェーンなどを利用して、よりダイレクトに企業とつながることができれば、その可能性に近づくことができるかもしれませんが、何にしろとてつもないデータが必要になります。

Googleやappleなどの巨大な企業がより採用への門戸を広げ、様々な試みの中で新しい採用への基準ができれば、それは面白く楽しい未来につながってくるはずです。

楽しみですね。

まとめ

というわけで、面白いニュースだったのでまとめてみました。

非常に面白い流れのように感じています。

というか、アメリカのスタバはstore managerで年収500万超えてるんですね。store managerなって、節約して資産運用すれば、めっちゃちゃんと生きていけそうですね。

アメリカ行こうかな…

それではまた今度!

Twitter

タイトルとURLをコピーしました