アップル/Appleが映画業界参入へ!「A24」と複数年契約

ニュース

appleが映画業界本格参入へ

2018年11月15日、アメリカ大手メディアのThe New York Timesがアップルが映画業界に参入すると報道した。

Page No Longer Available - The New York Times

「apple映画スタジオ「A24」と複数年契約へサイン」

記事によると、アップルはアカデミー賞を獲得した「ムーンライト」や「レディバード」で知られる「A24」との複数年契約にサインを完了していることがわかった。

11月15日まではこの契約については伏せられていましたが、アップルはアマゾンやネットフリックスなどに対抗し、動画コンテンツにより力を入れてことが判明した。

同月15日まで、アップル、A24双方からコメントは出ていないため、何本の映画製作への協定なのかは判明していない。

まとめ

先日、動画ストリーミングデバイスのアメリカでのシェアが発表され、アマゾンなどに比べアップルはまだまだシェアで負けていることが判明した。

また、ネットコンテンツにおいてもネットフリックスは膨大な予算をつぎ込みユーザーを獲得している。

appleがどう食い込んでいくのかこれからの動向に注目したい。

Twitter

タイトルとURLをコピーしました