AntFinanceのアントブロックチェーンが支援する公共福祉プロジェクト

ニュース

以下は、蚂蚁区块链より「蚂蚁区块链支持的公益项目捧回了“奥斯卡”奖」を編集したものになります。

アントブロックチェーンの支援する公共福祉プロジェクト“オスカー賞”をいただき

4月26日、アリババは年度の特別ボーナス賞、その名も “オレンジポイント公共福祉事業ランキングベスト10”を発表し、アントブロックチェーンの公共福祉事業計画もランクインした。

アリババグループの取締役会主席兼最高経営責任者である张勇氏、アント・フィナンシャルグループ代表取締役井贤栋氏など、計23人のアリグループパートナーが、真摯に公共福祉事業に取組む人々を賞賛した。この賞の受賞者リストは通称、アリグループの“员工公益奥斯卡(社員公益オスカー)”と呼ばれており、ランクインした10個の公共福祉プロジェクトは、現代社会の様々な問題に対して解決策を提示する。

例えば、ブロックチェーンを活用した、透明性と信頼性のより高い公共福祉事業というのもそのうちの一つだ。公共福祉事業に関するほとんどの問題は、最終的には「情報不足」というところに帰着すると言える。“链上公益(チェーン上の公共福祉)”は、ブロックチェーン技術を用いて公共福祉事業と公衆の信頼を橋のように繋げ、「すべての慈善金を可視化し、すべての善意が反響を得られる」ことを実現した。現在はアリペイのアプリにある“チェーン上の公共福祉”というミニプログラムで、公衆はチェーン上にリンクされたプロジェクトの状況をチェックすることができ、募金の進捗、プロジェクトの進捗、受益者のフィードバックなどを知ることができる。

昨年末、“チェーン上の公共福祉”は史上初となる公共福祉資金の自動アロケーションに成功した。このアロケーションで分配された資金は、次年度の高校生のための助成金として使われる。従来、学生の助成金の交付プロセスは少なくとも1ヶ月の期間を要するものだった。しかし“チェーン上の公共福祉”による自動アロケーションは、公共福祉機構の出資から学生がお金を受け取るまで、1日もかからなかった。この機能は既に、アリババの公共福祉プラットフォームに入っている多くの現金援助プロジェクトに使用されており、公共福祉プロジェクトの効率化と公共の信用性の向上を大々的なスケールで推し進めた。

2019年末には、アリババの公共福祉プラットフォーム上で、累計2億を超える規模の募金がブロックチェーン上にリンクされた。アリババはあと2、3年以内に、プラットフォーム上の公共福祉事業の全てをブロックチェーン上にリンクすることを目指している。

実際にAlipayを確認してみると

巨額のお金がブロックチェーン上に集まっていることが確認できた。

 

タイトルとURLをコピーしました