American AirlinesがGoogle Assistantの通訳モード導入をテスト中

ニュース

昨年のCES2019でGoogleはGoogle Assistantにインタープリター・モード(通訳モード)を導入し、ある言語で何かを言い、それを別の言語に翻訳することができるようにした。アメリカン航空は2020年のCESで、この機能を実用化する可能性があると発表した。

アメリカン航空は先週、ロサンゼルス国際空港(LAX)のアドミラルズ・クラブのラウンジでこの新技術のテストを開始した。

アシスタントの通訳モードではリアルタイムで翻訳が可能なため、プレミアム・カスタマー・サービスの担当者は、よりパーソナライズされたサービスをお客様に提供できるという。Google Nest Hubで動作するインタープリタモードは、多言語を話すことができる従業員がいない場合にのみ、顧客を支援するために使用される。同端末は、アラビア語、フランス語、ドイツ語、日本語、ロシア語、スペイン語、ベトナム語など29の言語を翻訳できる。

今後活動が広がることで空港でのオペレーションの効率化が図れる可能性がある。

Google Assistant’s interpreter mode translates 27 languages

 

ソースはこちら
http://news.aa.com/news/news-details/2020/American-Airlines-First-Airline-to-Test-the-Google-Assistants-Interpreter-Mode-MKG-LNGE/default.aspx

タイトルとURLをコピーしました