Amazonが本社敷地内に市内のホームレスの人々向けシェルターを建設

ニュース

ビッグテクノロジーが大きくなるにつれて、業界のリーダーたちはホームレスの、特に高い給料のために生活費がこれまでにないほど高くなっている地域での人々を助けることについて、声高に叫び始めた

例えば、昨年1月、FacebookとChan Zuckerberg Initiativeをはじめとする参加者は、Partnership for the Bay’s Futureと呼ばれるグループを結成し、数億ドルを投じてサンフランシスコとその周辺の主要五郡における手頃な価格の住宅を拡大し、「低所得のテナント保護」を強化すると発表した。一方、Microsoftは昨年1月にも同様の約束をしており、低・中所得層の労働者がシアトルとその周辺地域から締め出されているシアトルで、5億ドルを投じて住宅の選択肢を増やすと約束していた。

Amazonも過去に同様の約束をしており、CEOのJeff Bezosは2018年9月にTwitterに投稿した声明の中で、ホームレス対策と低所得コミュニティの幼稚園に20億ドルを出資すると述べていた。

一方で同社Amazonは、シアトルの本社にホームレスのためのシェルターを設け、ワシントン州最大の家族のシェルターになると期待されている。

Business Insiderが先日報じたニュースによると、このスペースは毎晩275人を収容することができ、ペットを連れてくることが許されている家族のための個室を提供するという。また、年間60万食を生産する工業用キッチンも備えている。

このスペースは、2020年の第一四半期にオープンする予定で、2016年以来AmazonのキャンパスにあるTravelodgeホテルの外でシェルターを運営しているMary’s Placeという非営利団体とAmazonが長年享受してきたパートナーシップの一部である。

BIによれば、毎年400世帯分のベッドと毛布が用意されるこの新しいスペースは、Amazonが所有しているだけではないが、同社は今後10年間、またはMary’s Placeが必要とする限り、非営利団体のユーティリティ、メンテナンス、セキュリティの費用を負担すると申し出ている。

また、このシェルターはシアトルの所在地であるキング郡の12,500人を含むシアトルのホームレス人口を減らすだけである。しかし、それでも注目に値するのは、同社が本社にシェルターを置くことに積極的なことだ。

この動きは、われわれが知る限り、他のどのテック企業も取っていないものだ。この決定はまた、増え続ける自分たちのホームレスの人々がどこで支援を受けるべきかについての他の都市の曖昧さを強調している。

記憶に残る一例を挙げると、昨年3月にサンフランシスコのロンドン・ブリード市長が同市エンバーカデロ沿いにある駐車場を、市の7,000人以上のホームレス住民のうち200人が利用できる健康・住宅サービスを提供するセンターにするというアイデアを提案した後、近隣住民がその提案を押しつぶすためのキャンペーンを始めた。いずれにせよ、それは後になって可決された

Voxは、Microsoftの5億ドルの誓約に関するレポートで、これらの企業努力の多くは、二つのタイプの反応を引き出す傾向があると指摘した;会社の努力への賞賛か、これらのイニシアチブが広く知られることへのフラストレーションのどちらか。結局のところ、Amazonが2018年に米国で税引き前利益110億ドル以上に対して連邦税を払わなかったことを忘れがたい。同社は2018年にも、シアトル市が手ごろな価格の住宅を購入するための資金を調達できたであろう大手企業に課税するならば、同市での建設を中止すると脅した。

現在9150億ドルの時価総額を持つ世界で最も価値のある企業の一つであるAmazonが、適正なシェアを確保しているかどうかは、継続的な方法で調査する価値がある。世界を食っているすべてのテクノロジー企業にも同じことが言える。

それでも、Amazonのような会社の中心にあるホームレスシェルターは、認める価値がある―そしておそらく見習う価値もある―。

メアリー・プレイスのマーティ・ハートマン事務局長はBIに対し、都市部でホームレスになる「これを解決するのは1つのエンティティではありません。」問題について、 「企業ではありません。集会ではありません。それは、政府にありません。基礎の上にはありません。

「全員が協力して作業しています。」

*この記事はtechcrunch.comに掲載されていた記事を翻訳・編集したものになります。
原文:While other tech giants fund housing initiatives, Amazon is opening a homeless shelter — inside its HQ

タイトルとURLをコピーしました