Amazon、Apple、Google、Zigbee Allianceらが、スマートホームのオープンスタンダードを開発で提携

ニュース

Amazon、Apple、Google、およびZigbee Allianceは2019年12月18日、新しいワーキンググループを結成し、Connected Home over IPを発表した。

発表によると上記の企業は、スマートホーム製品間の互換性を向上させ、セキュリティを基本設計の信条とする、使用料無料の新しい接続標準の採用を促進することを計画しているそうだ。

IKEA、Legrand、NXP Semiconductors、Resideo、Samsung SmartThings、Schneider Electric、Signify(旧Philips Lighting)、Silicon Labs、Somfy、WulianなどのZigbee Allianceのボードメンバー企業もワーキンググループに参加している。

Connected Home over IPプロジェクトの目標は、メーカー向けの開発を簡素化し、消費者向けの互換性を高めることだ。このプロジェクトは、スマートホームデバイスは安全で信頼性が高く、シームレスに使用できるものでなければならないという共通の信念に基づいて構築されている。

このプロジェクトは、インターネットプロトコル(IPアドレス)に基づいて、スマートホームデバイス、モバイルアプリ、クラウドサービス間の通信を可能にし、デバイス認証のためのIPベースのネットワーキングテクノロジの特定のセットを定義することを目指している。

このプロジェクトの狙いは、デバイスメーカーがAmazonのAlexa、AppleのSiri、GoogleのAssistantなどのスマートホームや音声サービスに対応したデバイスを作りやすくすることだ。計画されているプロトコルは、既存の技術を補完するものであり、ワーキンググループのメンバーは、現在利用可能な技術を使用してデバイス製造業者が革新を続けることを奨励している。

これまで、音声認識デバイスは各社でしのぎを削りアプリケーションでの差異があったが、この共通規格によって顧客にとってサービスや体験が向上されることが期待されるニュースだ。

情報元

Amazon, Apple, Google, and the Zigbee Alliance to develop connectivity standard
Amazon, Apple, Google, and the Zigbee Alliance today announced a new working group that plans to develop and promote a new connectivity standard.
タイトルとURLをコピーしました