ZenFone 5のスペック・メリット・デメリットまとめ

ガジェット

こんにちは。ばるーんです。

今回はASUSから出ている。ベゼルレススマホ「ZonFone 5」スペック等をまとめていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

ZenFone 5のスペック

サイズ

幅: 約75.6mm
縦: 約153mm
厚さ: 約7.7mm
重さ: 約165g

 

カラー

・スペースシルバー

・シャイニーブラック 

 

OS

Android™ 8.0

 

CPU

Qualcomm® Snapdragon™ 636 (オクタコアCPU)

 

ディスプレイ

6.2型ワイド Super IPS+液晶 (LEDバックライト)

Corning® Gorilla® Glass 3

2,246×1,080ドット (フルHD+)

 

メモリ

6G

 

ストレージ

64G

 

バッテリー

3,300mAh

 

対応バンド(周波数)

FDD-LTE: B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B28

TD-LTE: B38/B39/B41

キャリアアグリゲーション: 2CA

W-CDMA: B1/B2/B3/B5/B6/B8/B19

GSM/EDGE: 850/900/1,800/1,900MHz

 

Wi-Fi, Bluetooth

WiFi 802.11a/b/g/n/ac対応

Bluetooth®機能: Bluetooth® 5.0

 

カメラの性能 

メインカメラ:

1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)

800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)

LEDフラッシュ

インカメラ:

800万画素カメラ内蔵

 

各種性能 

GPS(GLONASS、BeiDou、Galileoサポート)、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサー、NFC

 

購入時の付属品 

USB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、クリアケース、ZenEar Pro、ZenEar Pro交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書

 

(参考 ASUS公式サイト: https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-5-ZE620KL/Tech-Specs/

スペックは以上になります。それではメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

ZenFone 5のメリット

最高クラスのミドルレンジ

ZenFone 5はメモリ6G、OSにスナドラ636を積んでいながら価格が5万5千円前後とミドルレンジ(ミドルハイ)の価格帯でありながら非常に優秀な性能を持っています。

また、今話題のベゼルレススマホでもあります。(前面全部画面みたいな、なので画面も大きい)

非常にお手頃なスマホです。

 

AIを搭載したカメラ

デュアルレンズのカメラでありながら、AIを搭載し、被写体や状況に合わせてAIが最適な写真を撮ってくれます。

写真をとればとるほど、自分がとりたい写真を学習していい写真になります。

 

Zenimoji対応

今は昔のような話になってしまいますが、Zenimoji(iPhoneのアニ文字みたいなもの)にも対応しています。

自分の動きをトラックする絵文字は楽しみの一つになるのではないでしょうか?

 

USB-type c対応イヤホンジャック有り

文字通りです。

イヤホンジャックに関してはメリットになるかはわかりませんが、これまで通り有線を使っていた人にはいいのではないでしょうか?

 

ZenFone 5のデメリット

Felica対応してない。

Felicaに対応していないため、グーグルペイやおさいふ携帯などは使えません。

QR等で対応しましょう。

 

まとめ

まとめてみました。ZenFone 5。

非常にいい携帯なので、筆者も今購入を検討しています。デメリット全然書いてないんですが、これ別に怠けてるとかじゃなくて、ミドルクラスにしてはいい携帯すぎてあんまり欠点ないんですよね(笑)

おすすめの一品です。

Twitter

タイトルとURLをコピーしました