OPPO R15 Neoのスペック性能・メリット・デメリットまとめ

ガジェット

こんにちは。ばるーんです。

本日はOPPOから出ている、コスパスマホで話題の「OPPO R15 Neo」を紹介していきたいと思います。

OPPO R15 Neoのスペック

サイズ

縦:156.2mm
幅:75.6mm
厚さ:8.2mm
重量:約168g

 

カラー 

 

・ダイヤモンドブルー

・ダイヤモンドピンク

 

OS

Android8.1に基づいて開発されたColorOS5.1

 

CPU

Qualcomm® Snapdragon™ 450

 

ディスプレイ

サイズ6.2インチ

ピクセル解像度1520×720

タイプTFT LCD 1670万色

 

メモリ

3GB / 4GB

 

ストレージ

64GB(256GBまで拡張可能)

 

バッテリー

4230mAh

 

対応バンド(周波数)

GSM: 850/900/1800/1900MHz

WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19

FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28

TD-LTE: Bands 38/39/40/41

 

Wi-Fi, Bluetooth

Wi-Fi: 2.4GHz 802.11 b/g/n

Bluetooth: Bluetooth® v4.2

 

カメラの性能

アウトカメラ:

1300万画素+200万画素デュアルカメラ(f/2.2+f/2.4)

インカメラ:

800万画素(f/2.2)

 

購入時の付属品

充電器
マイクロUSBケーブル
SIMカードツール
クイックガイド
ケース
重要情報、保証カード付冊子

 

(参考 OPPO公式サイト: http://oppojapan.com/smartphones/r15neo/specs.html

スペックは以上になります。それではメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

OPPO R15 Neoのメリット

コスパ良スマホ

今話題のベゼルレススマホ(全面がほぼ画面になっていること)でありながら、メモリが最低3GB、OSにスナドラ450を搭載し、価格が2万中盤から3万円(メモリにより値段が変わる。)で入手可能と、とてもコスパの良いスマホになっています。

ライトユーザーには、ぜひおすすめしたい一品です。

 

大容量バッテリー

また、バッテリーが4230mAhと大容量になっており、SNSとかしか使わない~。みたいなライトユーザーであれば、そのバッテリーの長さを体感できると思います。

わかりやすく、比較すると以前私が記事に書き、今もメインで使用しているHUAWEIの Mate 10 Proのバッテリーが4000mAhとなっていますので、単純に数値で見るとそれよりも多いという事になります。


 

Mate 10 Proのスペック・メリット・デメリットまとめ

 


 

デュアルレンズ搭載

カメラはデュアルレンズになっていて、ポートレートモードによりボケのある写真が撮影可能です。

 

OPPO R15 Neoのデメリット

指紋認証なし

最近のトレンドになっている。顔認証のみを搭載しています。(もちろんパスコードでもあく)

もちろんそれがいいという人もいると思いますが、個人的に背面指紋に慣れ親しんでいるので、またデメリットに感じてしまいます。

 

ヘビーユーザーには向かない

もちろんではありますが、めっちゃ重いゲームをしたい人にとってはあまり向かない端末なっています。

値段によりいい性能という事で、めっちゃ使えるという意味合いではありません。

 

端子がmicro-USB対応

充電端子がUSB type-Cではなく、microUSB対応になっています。もちろんまだそれでいいという人もいるかもしれませんが、ライバルになりうるP20 liteはUSB type-C対応ですので、少し残念な印象が強いです。

 


P20 liteのスペック比較メリット・デメリットまとめ


 

Felica対応なし

Felicaに対応していないため、現状おサイフケータイ等は使用できません。

 

まとめ

まとめてみました。OPPO R15 Neo。

コスパスマホとして売り出してはいますが、現状P20 liteのほうが初心者の方にはお勧めできるかなと思います。

ただ、やはりバッテリーが大きいので、そこを注目したい方は検討してみてはいかがでしょうか?

 

Twitter

タイトルとURLをコピーしました