P20 Proスペック・メリット・デメリットまとめ

こんにちは。ばるーんです。ここまで、P20シリーズである。「P20 lite」「P20」とまとめさていただいたのですが、P20シリーズの最後として、P20 Proのスペック・メリット・デメリットをまとめていきたいと思います。

P20 ProはP20のシリーズの中の最上位モデルとなっています。

P20シリーズについて

P20シリーズは
P20 lite
P20
P20 Pro
の3種類が発売されています。
それではスペックを見ていきましょう。

(今回はシムフリー版ではなく日本で正式に販売されているdocomoのものを見ていきます。)

P20 Proのスペック

サイズ

幅:約 74 mm
縦:約155 mm
厚さ:約7.9 mm
重さ:約180 g

カラー

・ミッドナイトブルー

・ブラック

国内版は残念ながらトライライトは対応していません。

OS

Android™ 8.1

CPU

HUAWEI Kirin970 オクタコア

メモリ

6GB

ストレージ

128GB

バッテリー

3900 mAh

Wi-Fi, Bluetooth

Wi-Fi(対応通信規格):IEEE802.11a/b/g/n/ac
テザリング同時接続数:Wi-Fi 8台
Bluetooth(対応バージョン):4.2

ディスプレイ

約6.1 インチ / OLED / 1080 x 2240 ドット フルHD+

有機EL

カメラの性能

アウトカメラ:有効画素数 約4000万 + 約2000万 + 約800 万画素 CMOS 裏面照射型
インカメラ:有効画素数 約2400万画素 CMOS 裏面照射型

対応バンド(周波数)

FDD LTE: 1/3/4/5/8/9/12/17/19/20/21/28/

TDD LTE: 34/39/42

各種性能

おサイフケータイ対応/防水防塵/

購入時の付属品

クリアケース
USB Type-C ハイレゾ対応高音質イヤホン
USB Type-C・3.5 mm イヤホン変換アダプタ
USB Type-C microSDカードリーダーライター (対応最大容量
microSD: 2 GB, microSDHC: 32 GB, microSDXC: 128 GB)
SIM取り出しツール

(参考Huawei公式サイト:https://consumer.huawei.com/jp/phones/p20-pro/specs/
さて、スペックは以上になります。ここからはメリットデメリットをまとめていきたいと思います。

P20 Proのメリット

満足ハイスペック

搭載メモリは6GB、android8.1対応、Kirin 970搭載と文句なしのハイスペックモデルとなっております。

現状のハイエンド端末のスタンダードを抑えヘビーユーザーでもストレスレスに使うことができるのではないでしょうか?

トリプルレンズの先駆け

P20 Proは背面にトリプルレンズの搭載しており、4000万画素というちょっと想像するのは難しい画素数を持っています。

P20 Proは暗いところでこそ生きるカメラで、夜間撮影では想像以上の明るさを表現してくれます。

Felica対応

HUAWEI端末としてついにおサイフケータイ、Felicaに対応しています。

もちろん、docomoから出ているという事もありますが、非常にうれしい方も多いのではないでしょうか?

ストレージが大きい

ストレージが初期で128GBと大きめになっています。

バッテリー多め

バッテリーも3900mAhと非常に容量が大きく、ストレスなく使えるのではないでしょうか。

P20 Proのデメリット

イヤホンジャック無し

Mate 10 Proなどのハイエンド端末と同じくイヤホンジャックはありません。

docomoのみの独占販売

国内ではdocomoからのみ購入可能になっています。

Micro SD非対応

ストレージが初期で大きいですが、それ以上に拡張することはできません。

まとめ

まとめてみました。P20シリーズの最後P20 Pro。日本ではdocomoからしか正式購入できなくなっているのが非常に悲しいですね。できればキャリアのアプリなしで使ってみたい思いがあります。みなさんもぜひキャリア店舗等で手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

Twitter

タイトルとURLをコピーしました