P20 liteのスペック比較メリット・デメリットまとめ

ガジェット
こんにちは。ばるーんです。
今回は先日発売されてた。HuaweiのP20 liteのスペック・メリットデメリットをまとめていきたいと思います。
Huaweiの携帯はとても好きなので、これからもどんどんまとめていきたいと思います。
P20 liteは購入方法により性能が違うのでその点も気を付けてください。

Pシリーズとは

Huaweiの題しているスマートフォンには様々な種類があります。Mateシリーズ、Honorシリーズなどがありその中でも、Pシリーズは、薄さ、バッテリーなど基調としたミドルスペックの中でいいスマホを輩出してきました。(もう関係なくハイエンドもありますが…)

P20シリーズ

その中でも今回はP20シリーズとして
・P20 lite
P20
の3種類が発売されています。
その中で、今回はP20 liteについてまとめていきたいと思います。

P20 lite スペック

サイズ
幅:約71 mm
縦:約149 mm
厚さ:約7.4 mm
重さ:約145 g
文字にするとわかりにくいですが、iPhoneXより縦横少し大きく、すこし軽いイメージです
筆者も実際に手にしてみましたが、そこまで重い印象は受けませんでした。
カラー
カラーは3色用意されています。
・クラインブルー
・サクラピンク
・ミッドナイトブラック
OS
Android™ 8.0
CPU
HUAWEI Kirin 659 オクタコア (2.36 GHz / 4 + 1.7 GHz / 4)
RAM
au, UQ, Yモバイル, SIMフリーモデル: 4G
ROM
auモデル: 64G
UQ, Yモバイル, SIMフリーモデル: 32G
SDカードで256Gまで増やせます。
バッテリー
3000 mAh
WiFi, Bluetooth
Wi-Fi :802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth® ver.4.2 with BLE (Support aptX)
ディスプレイ
約5.84インチ FHD+
カメラの性能
インカメラ: 約1600万画素
メインカメラ (ダブルレンズ): 約1600万画素 + 約200万画素
対応バンド(周波数)
au、UQモデル: 4G LTE&WiMAX 2+
ワイモバイルモデル
FDD LTE: B1/3/5/7/8/18/19/26/28
TDD LTE: B41
WCDMA: B1/2/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900MHz
SIMフリーモデル
FDD LTE:B1/3/5/7/8/18/19/26/28
TDD LTE:B41
キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応
WCDMA:B1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数(音声通話のみ)
各種性能
加速度,コンパス, ジャイロ, 環境光, 近接, 指紋認証, テザリング可
購入時の付属品
auモデル:
クイックスタートガイド、HUAWEI Quick Charger、クリアケース(試供品)、イヤホンマイク(試供品)、SIM取り出しピン(試供品)
UQモデル:

クイックスタートガイド、ACアダプタ、クリアケース、イヤホンマイク、USBケーブル

ワイモバイルモデル:
クイックスタートガイド(保証書付)、ACアダプタ(試供品)、USBケーブル(試供品)、クリアケース(試供品)、イヤホンマイク(試供品)、SIM取り出しツール(試供品)
SIMフリーモデル:
クイックスタートガイド、HUAWEI Quick Charger、クリアケース、イヤホンマイク、SIM取り出しピン
(参考Huawei公式サイト https://consumer.huawei.com/jp/phones/p20-lite/specs/
さて、スペックは以上になります。ここからはメリットデメリットをまとめていきたいと思います。

P20 liteのメリット

ローミドル端末には十分な性能
CPUにはKirinシリーズの659を搭載し
RAM4Gとライトからノーマルなユーザーには十分な性能を持っています。
ヘビーなゲーマー以外には十分な端末であり
また、トレンドであるベゼルレスな端末をこの値段で使用できるのは強みであるといえます。
高い性能のカメラ
背面はデュアルレンズを使用したカメラ
前面は1600万画素のカメラを持っています。
背面はデュアルレンズを使用し、背景をぼかすことも可能です。(ポートレート写真)
指紋認証と顔認証の二刀流
P20 liteは指紋と顔、両方で承認できます。
指紋は背面での認証になります。
私も現在別端末ではあるのですが、この二刀流をしているのですがこれ、非常に便利です。
ポケットから出すときなどは指紋
机などの上に置いているときは顔。
最初は顔なんか使うのか??と思っていましたが
ふと指紋認証が一回目失敗した時に顔で開くのがまじで便利で
やっぱりあって困るものではないな、と深く思わされました。
デュアルBluetooth対応
これは使用者によってメリットになるか分かれますが
同時に2台のBluetooth対応機器に接続可能という面白い性能です。
スピーカーとイヤホンに接続したりできるということです。
使いどころによってはとても便利でしょう。
USB typeCに対応
Huaweiの中では珍しく、安価なモデルでのtypeC対応になります。
現在売れ行きを伸ばしているnova lite2はmicro USBですから
ここでtypeCに対応しているのは大きなメリットです。
小さな違いかもしれませんが、めっちゃストレスレス。
イヤホンジャック有り
これはメリット?という感じですが
欲しい人には便利なのではないでしょうか?

P20 liteのデメリット

simフリー版はストレージが32Gしかない。
スペックで書いている通り、少しだけ心もとないストレージになってます。
SDで増加させられるとは言え、少し寂しいです。
カメラのでっぱり。
ケースなどをする人にはあまり関係のない話かもしれませんが
背面のカメラは出っ張りがあります。
Felicaなし!
おさいふケータイやグーグルペイなどのモバイル決済に対応していません。
ラインペイ等で生き残っていきましょう。
頑張れQR決済。
めっちゃテカテカ
これも人によるかと思いますが
自分は製品の写真以上に実物はテカテカしてるなと思いました。
背面に指紋がつきやすそうなので、デフォのケース推奨かもしれません(カメラ保護も含めて)

まとめ

まとめてみましたP20 lite。いい端末なので自分もほしいです。
というかP20シリーズ全部ほしい。3万円前後でこんな端末を出してくださるHuaweiさんに感謝ですね。
端末をまとめるとその知識が自分にどんどん入ってくるのでとてもいいですね。
これからもどんどんまとめていきたいと思います。
Amazonでsimフリー版売ってるのでぜひどうぞ!

Twitter

タイトルとURLをコピーしました