HUAWEI P30 liteスペック性能・メリット・デメリットまとめ

ガジェット

最近なにかと話題のHUAWEIですが、コスパシリーズで販売数を伸ばしているPシリーズからP30 liteのSIMフリー版が日本の市場にも投入されることが決まっています。

今回はそんなP30 liteのスペックなどを見ていきたいと思います。

 

P30 liteのスペック

サイズ

幅: 約72.7 mm
縦: 約152.9 mm
厚さ: 約7.4 mm
重さ: 約159 g 

iPhone XRと同じようなサイズ感になります。

カラー

ピーコックブルー

パールホワイト

ミッドナイトブラック 

 

OS

Android™ 9 + EMUI 9.0.1 

 

CPU

HUAWEI Kirin 710 / オクタコア(2.2 GHz/4 + 1.7 GHz/4) 

 

ディスプレイ

約6.15インチ FHD+(2312 x 1080ピクセル) TFT 

 

メモリ

4GB

 

ストレージ

64 GB ROM microSDスロット(最大512 GB) 

 

バッテリー

約3340 mAh 

 

対応バンド

FDD LTE: B1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28
TDD LTE: B41
キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応
WCDMA: B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

 

外部接続

Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2 with BLE (aptX, aptX HD, HWA対応)
USB: Type-C, USB 2.0
イヤホンジャック

 

カメラの性能

アウトカメラ(トリプルカメラ):

約2400万画素+約800+約200万画素/AF

インカメラ:

約2400万画素/FF

 

購入時の付属品

マイク付イヤホン
ACアダプタ
USBケーブル
クイックスタートガイド
クリアケース

 

ソース
https://consumer.huawei.com/jp/phones/p30-lite/specs/

 

P30 liteのメリット

圧倒的なコスパ

定価が3万円台でありながら、値段以上のスペックとカメラを兼ね備えています。この一言で説明するとすべてがまとめられてしまいそうですが、トリプルレンズでいい写真が撮れ、十分に動くスマホが3万円台で手に入ると思うと十分すぎるメリットに思えます。

当たり前のようにベゼルはありませんし(しずく型のノッチ)指紋認証もしっかり兼ね備えています。

この値段帯で考えると悪いところを探すほうが難しいです。

メリットになることどうかはわかりませんが、イヤホンジャックも搭載しています。

 

P30 liteのデメリット

世間の風当たり

YmobileやUQが販売を延期するなど、米中の貿易摩擦から発生している商品のイメージが低下していて単純にHUAWEIというブランドへの風当たりが強いように感じられます。デメリットに当たるかは個人によるとは思いますが、人によってはあまり手に取りたくない端末かもしれません。

 

NFCなし

搭載していません。

 

まとめ

本当に良いスマホですが、今後どう扱われていくかにも注目していかなければいけませんね。

撤退などなければよいですが…。

タイトルとURLをコピーしました