HUAWEI nova 3スペック性能・メリット・デメリットまとめ

ガジェット

こんにちは。ばるーんです

ついに発売開始ですね。「HUAWEI nova 3」前作であるnova 2はauのみからの発売でしたが、今回の端末は基本的にSIMフリーでの発売の模様。

今回はその性能をまとめていきたいと思います。参考になれば幸いです。

nova 3のスペック

 

サイズ

幅:約73.7 mm
縦:約157 mm
厚さ:約7.3 mm
重さ:約166 g (バッテリー含む) 

カラー

・ブラック

・アイリスパープル

 

OS

Android 8.1 / EUMI 8.2

 

CPU

HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU

 

ディスプレイ

約6.3インチ FHD+ (2340 x 1080ドット) / TFT

 

メモリ

4GB

 

ストレージ

128 GB
microSD™スロット(最大256 GB)

 

バッテリー

3750 mAh (一体型)

急速充電対応 9 v / 2 A

 

対応バンド

FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 26 / 28
TDD LTE: B38 / 40 / 41
キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応予定
WCDMA: B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

 

外部接続

Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 準拠 (2.4 GHz / 5 GHz)
Bluetooth® 4.2 with BLE (aptX, aptX HD, HWA対応)
USB 2.0 Type-C
nanoSIM x 2

 

カメラの性能 

アウトカメラ(ダブルレンズ):

約1600万画素カラーセンサー(開口部 F1.8)+ 約2400万画素モノクロセンサー(開口部 F1.8)/ 像面位相差AF+コントラストAF

インカメラ:

(ダブルレンズ: 約2400万画素 + 約200万画素 / FF)

 

各種性能

指紋認証
コンパス
環境光
加速度
近接
ジャイロ

 

購入時の付属品

イヤホンマイク
保護ケース
ACアダプタ
USBケーブル
クイックスタートガイド

nova 3のメリット

 

P20と同等のスペック

以前ブログでも紹介させていただいた、P20とほぼ同等のスペックでありながらP20よりも安価な値段で購入することが可能です。

Kirin 970と4GBのメモリを保持したこの端末はたいていの動作にサクサク反応してくれます。

重いゲーム等をしないので、何とも言えませんが、日常のメッセージや検索、動画鑑賞をする分には十分な性能です。

 

AI認識のハイスペックカメラ

残念ながらP20とは違い、Leicaのレンズではありませんが「アウトカメラ」と「インカメラ」の両方がAI認識のカメラになっています。

撮りたいシーンに合わせてAIがベストな撮影方法を自動的に設定してくれます。

アウトもインも両方がダブルレンズになっています。

また、需要があるかわかりませんが

新しく「3D Qmoji」が搭載されていて、iPhoneの「animoji」のようにキャラクターを制作することができます。

 

指紋と顔認証の二刀流

言わずもがなですが、この二刀流は便利です。

 

イヤホンジャック有り

イヤホンジャック対応しています。

 

nova 3のデメリット

 

防水防塵対応なし

イヤホンジャック対応?のため防水防塵への耐久性は低いです。

 

Felicaなし

Felicaに対応していないので、おサイフケータイやグーグルペイなどで外部での決済ができません。

QR等で対応しましょう。

 

PCモードなし

P20にはあったPCモードがありません。

 

まとめ

まとめてみました。nova 3。

良くも悪くもP20 liteとP20の間の性能の端末です。(P20に近いスペック)

値段も5万円前後とP20よりの値段にはなっています、非常に買いやすい端末なのではないでしょうか?

ぜひ量販店等で実際に手に取って遊んでみてください。

 

Twitter

タイトルとURLをコピーしました