HUAWEI Band 3スペック性能メリットデメリットまとめ

ガジェット

こんにちは。ばるーんです。

今回はHUAWEIが出しているウェアラブルである「HUAWEI Band 3」についてスペックや長所短所を解説したいと思います。よろしくお願いいたします。

HUAWEI Band 3 のスペック

サイズ

幅:約19 mm
縦:約45 mm
厚さ:約11 mm
重さ:約24 g

カラー

パールブラック

コーラルオレンジ

オーロラブルー

 

OS

Android™ 4.4+ / iOS™ 9.0+

 

ディスプレイ

0.95インチ AMOLED 240 × 120 ピクセル

 

バッテリー

100 mAh
通常使用:約10日

 

外部接続

Bluetooth® 4.2 BLE

 

各種性能

6軸センサー(加速度センサー+ジャイロセンサー)
光学式心拍センサー(高精度分離型PPG)
装着検知センサー(赤外線センサー)

 

購入時の付属品

充電クレードル
USBケーブル
クイックスタートガイド
保証とアフターサービスのご案内

 

 

HUAWEI Band 3のメリット

お手頃な値段で入手可能なウェアラブル

Amazonなどでも価格が5千円を切っているのにも関わらず、上位版であるHUAWEI Band 3 Proと見た目やバッテリーの持ちがほぼ変わらないものとなっています。

スマホの通知などもしっかり受け取ることができるのでお得ではないでしょうか?

HUAWEI Band 3 Proスペック性能メリットデメリットまとめ
>>本文を読む

 

泳げる

HUAWEI Band 3 Proと同じく水泳が可能です。また水泳時のターン数やスクロール数・消費カロリーなどを測定することも可能です。

さすがはスポーツ特化のウェアラブルというところでしょうか。

 

正確な睡眠記録

HUAWEIウェアラブルシリーズと睡眠記録アプリは自分でもびっくりするほどの睡眠記録を取ることが可能です。

これは私が使用している「HUAWEI Watch 2」での記録ですが、ここまで正確に測れるとは思っていませんでした。

睡眠改善にはもってこいかもしれません。ぜひスマホと連携して使用してみてはいかがでしょうか?

 

HUAWEI Band 3のデメリット

あくまでもスポーツ向け

スマートウェアラブルではありますが、あくまでスポーツ向けですので、通知などは受け取れても音楽をダウンロードしたり、アプリなどを追加することはできません。

また、画面が縦長ですので、通知などの情報も通常のスマートウォッチなどよりも少なくなってしまいます。

 

充電の手間

バッテリーは長持ちであくまで10日持ちますが、それでも単純にスマホを充電しなければいけないのは手間になってしまいます。

 

まとめ

Band 3をまとめてみました。

スマートウェアラブルはスマホは探せるものの自身をなくすと探しにくいという弱点もありますのでご注意ください!

スマートウォッチを無くした時の対処法・紛失時の対応【HUAWEI Watch 2】
>>本文を読む
タイトルとURLをコピーしました