みんな携帯の周波数大事って思って生きてないでしょ?4G回線まとめ

ガジェット

こんにちは。ばるーんです。

今回は携帯電話を使う際に誰もが気にしているであろう周波数をまとめたいと思います!

嘘です。

世の中の大半の人は周波数なんてきっと気にしてないし。そんなことを気にしながら携帯を買ったことがある人は少数派だと思います。

なので、今回は軽く周波数の仕組みと3大キャリアの周波数をまとめていきたいと思います。

周波数(Band)だけ知りたい人は目次から飛んでください。

周波数って?

そもそも周波数の意味に迫ってみましょう。

周波数とは、1秒間に繰り返されるこの波の数のことです。
単位は、ヘルツ(Hz)といいます。
60ヘルツとは、波(山と谷で1組)が1秒間に60回繰り返すことをいいます。(関西電力)

電気の波がこんな感じになってることですね()

波の数が多くなれば多くなるほど周波数が高くなるわけです。

あなたが持っている携帯電話も電子機器であり、電波を使って通信を行っています。

なので、実はあなたの携帯は、いろんな周波数を使っているんですね。

周波数の違いでいうとWiFiで

OOO- G

OOO- A

みたいな感じで、

同じWiFiなのになんで「G」と「A」があるんだろうと疑問に思ったことがある方はいらっしゃいませんか?

実はこれは同じWi-Fiでも使っている周波数が違うんです。

「G」は2.4GHzという周波数を使用していて、障害物があっても電波が通りやすいです。Wi-Fiルーターを設置している部屋から離れた部屋にいてもこっちのほうがつながりやすいんですね。ただ、弱点としてこの周波数は使われている機械が多いため、接続が安定しなくなる時があります(電子レンジとか)

 

それに対し「A」は5GHzという周波数を使用しています。その周波数帯はあまり使われないため速度が速いですが障害物に弱いです。

こんな感じで、実は周波数はその値によって強みが違うんですね。

同じように携帯も様々な周波数を使うことによって通信してるんです。びっくり!

じゃあ携帯は?

というわけで、携帯も実は各携帯ごとにいろんな周波数に対応していて

携帯会社(いわゆるdocomo、AU、Softbank)もそれぞれ様々な周波数を飛ばしています。

それがマッチすることによってはじめて私たちは電話したり、通信したりすることができるんですね。

携帯と周波数の仕組みについては後日また書きたいと思います。

周波数まとめ

docomo4G周波数帯

Band 1

高速かつエリアも広い周波数帯

というかBand1に対応してない携帯は日本では厳しいと思うので諦めよう。

Band 3

日本ではdocomoとSoftbankが対応。

ただdocomoでは東名阪限定となっているので注意

東名阪は東京・名古屋・大阪の大都市部に限って使える

いわゆる都心部において携帯を使うのであれば必要な周波数帯

Band 19

プラチナバンド(ゴールデンバンド)。範囲が広くつながりやすい。田舎なら確実に必要!

田舎じゃなくても必要!

Band 21

日本独自だったがグローバルバンドに追加された、まぁ対応してたほうがいいよね。くらいのバンドです。

Band 26

同じくプラチナバンド

しかし、優先度はそんなに高くない。

Band 42

同上。マイナー周波数帯。

 

docomoは多くのMVNOの会社が回線を使用しているので、しっかり周波数を確認することが大切です。

特にBand 1, 3, 19は必須と思いましょう。

AU4G周波数帯

Band 1

高速かつエリアも広い周波数帯
というかBand1に対応してない携帯は日本では厳しいと思うので諦めよう。(docomoと一緒)

Band 11

対応エリアが狭いと噂。なくてもいいかも。

Band 18 and 26(26は18を内包)

プラチナバンド(ゴールデンバンド)。範囲が広くつながりやすい。田舎なら確実に必要!
田舎じゃなくても必要!
かつAUはメインがここ。

Band 28

同じくプラチナバンド。あるに越したことなし。

Band 41

WiMAX 2+。高速通信には必要!

あるに越したことなし。

Band 42

マイナー周波数。AU使うなら?

 

AU回線の場合、サブブランドのUQ、もしくはmineoまたはIIJmioなどを使用する際に触れることがあると思いますが、VoLTEが必要なのをお忘れなく。

Softbank4G周波数帯

Band 1

高速かつエリアも広い周波数帯
というかBand1に対応してない携帯は日本では厳しいと思うので諦めよう。(docomoと一緒)

Band 3

ソフトバンク回線の場合、ここはYモバイルの主力回線なので合ったほうがいいです。

Band 8

プラチナバンド(ゴールデンバンド)。範囲が広くつながりやすい。田舎なら確実に必要!
田舎じゃなくても必要!

Band 11

マイナー周波数帯。優先度低め。

Band 28

同じくプラチナバンドですが、Band 8のほうが必須です。

Band 41

AXGP。あるに越したことなし。

Band 42

MVNOなら無視してよしです。

 

ラインモバイルがSoftbank回線に対応したので、一気に候補として考える方も増えたのではないでしょうか?

Band 1, 3, 8は必須なので参考までに。

まとめ

周波数についてまとめてみました。私自身MVNO利用者かつスマホ大好き人間なので、いちいち確認しながらスマホ選ばなければなので、自分でまとめてみたかった感が強かったので、誰かの助けになれば幸いです。

またちょっとした専門用語も使ってしまったのでそれらの解説をこれからやっていければ幸いです。

またよろしくお願いします!

 

Twitter

参考記事

http://www.kepco.co.jp/energy_supply/energy/emf-k/kiso/shuhasu.html

https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/support/procedure/simcard/unlock_dcm/201505/band.pdf

https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/compatible_network/

https://cdn.softbank.jp/mobile/set/common/pdf/support/usim/unlock_procedure/frequency-band-list.pdf

無断転載はおやめください。

タイトルとURLをコピーしました