中国中央銀行のDCEPの設計と資金調達について簡単に説明。

Fintech

私たちは、デジタルマネーも金融分野における科学技術の応用だと考えています。また、現在ではIT技術と金融ビジネス自体の融合が進んでいます。新興企業としてのデジタルマネーは、市場の注目度が比較的高く、誰もがあらゆる面から懸念を抱いている。本稿では、中国のデジタル通貨の基本的な構造と動作原理を紹介するために、中国中央銀行のデジタル通貨DCEPの記事を紹介します。関連する業界チェーンと利益の対象との関連性、または業界標準がさらに明確になると、よりDCEPについて明確に理解できるでしょう。

 

1.中央銀行のデジタル通貨DCEP。

現在、中央銀行のデジタル通貨は主に、「中央銀行によって裏付けされた合法的な紙幣の代替」として定義されています。中央銀行のデジタル通貨の発行は中央銀行と商業銀行の二重システム、中央管理モードを採用し、疎結合している口座の形で制御可能匿名性を達成しました。中央銀行の電子マネーは一元的な管理システムを採用することになるため、中央銀行の電子マネー・コア・システムの設計は自己研究に基づくものになると予想されます。

しかし、今後は中央銀行と商業銀行の二元的なシステムを採用することになるため、関連する技術基準や施工基準が明確になった後、決済システムや商業銀行の決済・決済用機器・ツールは高度化の要求に応えるものと期待されます。関係するであろうに企業は、Changliang Technology、Hang Seng Electronics、Digital Certification、Sifang Fine creationが含まれます。Yuxin Technology、run and Software、Geer Software、Radio and Television Express、New World、Julong shares、Lakalaにも注目するべきでしょう。

2.DCEPオペレーティング・フレームワーク: 1つの通貨、2つのリポジトリ、3つのセンター。

通貨とは、中央銀行が承認し、発行する合法的なデジタル通貨のことです。2つのデータベースは、中央銀行と商業銀行がそれぞれ運営する電子マネー銀行と電子通貨発行銀行です。3つのセンターのうち、認証センターはユーザー情報の管理を担当し、登録センターは所有権の登録とフローレコードを担当し、ビッグデータ分析センターはトランザクションデータの処理と分析を担当し、マクロポリシーを実装するためのデータサポートを提供します。

3.中央銀行のデジタル通貨DCEPのコア技術。

デジタル通貨セキュリティ技術は、暗号化・復号化技術、セキュリティチップ技術、繰り返し取引防止技術などにより、デジタル通貨取引のセキュリティと真正性を確保します。デジタル通貨取引技術は、ネットワークの状況によって取引が制限されないように、デジタル通貨ビジネスのあらゆる側面に対してオンラインおよびオフラインの技術的ソリューションを提供します。プラットフォームインタフェースとしての信頼保証技術は,ディジタル通貨参加者に各種アプリケーション関連サービスを提供します。

4.中央銀行の電子マネーシステムの最上位構造。

電子通貨システムは、中央銀行の電子マネーシステムと商業銀行の電子マネーシステムが提供している6つの認証システムである、「法的な電子通貨の発行」、「流通」、「管理」、「引き出し」、「投資・融資」、「銀行間決済」で構成されています。このうち、中央銀行の電子マネーシステムは、電子マネーの生成、発行、所有権登録などに利用されています。また、商業銀行の電子マネーシステムは,電子マネーのバンキング機能を果たすために利用されています。この認証システムは、中央銀行電子マネーシステムと端末装置との間の相互作用および商業銀行電子マネーシステムとの相互作用に対する認証を提供するために使用されます。

5.デジタルウォレットは中央銀行のデジタル通貨のキャリアになるかもしれない。

中央銀行のデジタルマネーは、既存の銀行預金とデジタル通貨を同時に管理するために、商用暗黙口座システムとデジタル通貨ウォレットの2層構造を採用できます。デジタル・ウォレットは、幅広いアプリケーションを持つダブル・オフライン支払に対応しています。小規模小売業は高頻度の決済シナリオになるかもしれません。今後、監視を強化して不正を防ぐために、現行の現金管理規定によって、電子財布の取引に一定の制限が設けられるものとみられます。

 

 

追記

こちらの記事は

一文系统简述央行 DCEP 设计与钱包,哪些相关公司值得关注?
系统简述中国央行数字货币(DCEP)顶层设计与数字钱包,哪些相关上市公司值得关注?

の冒頭部分を翻訳させていただきました。中国のDCEPは面白い分野でありながらまだまだ日本語のソースが少ない分野であるので、これからも情報を発信できればと思います。

タイトルとURLをコピーしました