SBIホールディングスが「Sコイン」の実証実験開始

ニュース

昨日SBIより、スマホ上でチャージや決済を行うことのできる独自通貨である「Sコイン」の実証実験を、六本木でグループ(SBIHDグループ)社員向けに開始したようです。

(日本国内で、このように独自コインが実用化されていく例はおそらく国内初だと思います。)

この、実証実験において、実験に参加される社員の方々は六本木の一部飲食店にて「スタンプ認証」技術を利用して、キャッシュレス(分散型台帳技術を利用)で決済を行うことができるようになるそうです。

SBIホールディングスが開発を進め、今回実証実験を行う「Sコインプラットフォーム」は、デポジット式やその他用途に応じて様々な通貨を発行することのできるプラットフォームを目指しています。

根幹となる技術には、同じく国内を拠点とし、企業向けに「分散型台帳」の技術的ソリューションを提供する「株式会社Orb」の提供する「Orb DLT」を利用しているようです。

公式プレスリリースにおいて、今回の実験は以下のように説明されています。

今回の実証実験においては、Sコインプラットフォーム上に、クレジットカードによるチャージ手段に加え、セルフ端末で多数の製品を展開しているグローリーの自動機を設置し、現金によって「Sコイン」をスマートフォン上のウォレットにチャージする仕組みを構築します。これにより、現金と各種電子通貨の交換を行い、想定される様々な利用者のニーズを満たせるかを検証します。その後、グローリーの製品で決済できるようにするなど電子通貨決済の検討を推進していきます。


SBIは日本国内でも、唯一バンキングに精通している企業で仮想通貨を絡めたサービスを提供していた気がします。そのほかにもJコインとかもあった気がしますが、分散/集権のハイブリッドでイノベーションが達成されていくのが健全な形ではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました