ブロックチェーンに感じた未来

ブロックチェーン

こんにちは!

Block GeniusのTomです!

今回の記事では、「ブロックチェーンって一体どんな未来を作っていくんだろう?」っていうことについて僕が考えていることを書いていきたいと思います。

特に興味深いのがゲームの分野(いわゆるDappsゲーム)です。

ゲームにブロックチェーンを使うと

まず、ゲームにどのようにブロックチェーンが使われうるかという話をします。

ブロックチェーンはそもそもデータベース技術の一種です。

ビットコインの場合はトークンの移動履歴についてや、イーサリアムならスマートコントラクトなどのことについてなど、本質的にはブロックチェーンというのはデータやその移動履歴の保存に適しています。

では、こういった特性はゲームで遊ぶ上でどんなメリットがあるのでしょうか?

ゲームのデータで、保存したりユーザ間で移動するものといえば「ゲーム内通貨」や「アイテム」などが考えられます。

これらをトークンとして、ゲーム内でやりとりできるようになると、面白いことができるようになります。

たとえば、ゲームの上手な人があるアイテムの素材を採ってくるという依頼を「受注」し、どういう条件でそれを行うかを決める「契約書」を作ります。

上手くいけばトークンが報酬としてもらえます。

そして契約などはスマートコントラクトなどを用いれば、オンラインで取引相手が誰か分からなくても、トラストレスに実行することができます。

また、ブロックチェーンでデータ管理をしているので、アイテムや通貨が勝手に増えたり減ったりすることもありません。

このようにして、ゲームの世界の中で、アイテムやゲーム通貨あるいはそのやりとりが、現実の「モノ」「お金」「仕事」と遜色ないような概念として成り立つことが可能となります。

ゲームよりさらに巨大なものへ - 新しい「プラットフォーム」

上で語ったように、ゲーム世界では、だんだん現実と同じような経済活動が行われるようになっていきます。

でも、これはゲームだけで終わる話ではないんです。

「ゲーム」っていうアプリケーションのネットワークだけでなく、例えば芸術的創作活動やSNS、エンターテインメントなどでも、ブロックチェーン・仮想通貨を使った「経済活動の行われる空間」って作ることができると思いますし、実際に動いているプロジェクトもあります。

さらにですが、「お金を稼ぐ」だけでなく日用品を購入するといった「消費」までカバーするプラットフォームがあったらどうでしょうか?

ここまでくると、そのプラットフォームの中で生活基盤の大部分をまかなえる人も出てきます。

人々は「現実世界」も含めた複数のプラットフォームで生活を営むのです。

これってすごいことだと思いませんか?

未来について

そういったプラットフォームがどういうものかはまだ具体的にはわかりません。

まだ見ぬ「それ」は僕たちが現時点で持っているどの概念にも当てはまらないからです。

そういったものを説明するのは、「スマホとは何か」ということを明治の人に説明するようなもので不可能です。

でも、技術を学び、動き始めたプロジェクトなどを知る中で、未来は少しずつ見えるようになってきました。

ブロックチェーン・仮想通貨の技術には大きなポテンシャルがあります。

そして変革と革新の中で、ブロックチェーンゲームは一つの起点になりうると僕は確信しています(もちろん他のジャンルのアプリケーションもチェックするようにはしています)。

だからこそ僕はブロックチェーンや仮想通貨を勉強しながら、未来の世界・インフラ構築に携わろうとしているのです。

タイトルとURLをコピーしました