~aas, as-a-service, アズアサービスとは何かを理解する。

Academic

近年ビジネストレンドの中で流行している「~aas」というビジネスモデル。有名なものだと「SaaS」などは耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

よく説明として

これは「サース」といって、「Software-as-a-service」の省略で直訳すると「サービスとしてのソフトウェア」という意味なんだ。

という説明をすると完了となってしまうかもしれませんが、それでは率直な感想

?????

と思ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はas-a-serviceのニュアンスについて解説し、抽象的概念として理解しているからが、少しでも具体化がなせるようになればと思います。

~aaSとはどういうニュアンスなのか

アズアサービスは、これまで購入するだけで終わっていた関係が購入するのではなく、会社と顧客が契約を交わすことでサービスを提供し続ける関係に変わったというニュアンスを理解する必要があります。

・これまでのビジネスモデルの場合

上の図は一般的なビジネスの例です。

基本的には、会社が提供している商品を消費者は購入してビジネスは終了します。その後新しい商品がでたら顧客側は買いなおしたりしなければいけません。

 

・~aasモデルの場合

~aasモデルのビジネスの場合、支払いをして終わりの関係性ではなく、会社側は継続的なサービスを提供し、顧客側は継続的に支払いを行うことになります。

一般的なビジネスモデルと違い上記のような関係になります。

SaaS(Software-as-a-service)を例に考えてみましょう。例えばPlaystation 2でゲームをして遊ぼうとしていた場合、ゲームをするにはソフトを購入しなければいけませんでした。

もちろんゲームなどでバグなどがあっても、一度買ってしまったソフトは直すことができないので、それはそれとして楽しむしかできませんでした。

ではGoogleやapp storeでのゲームはどうでしょうか?

自分たちが所有しない代わりに、課金やサブスクリプションによって企業側はお金をもらい、顧客側もアップデートなどを提供してもらっています。

このように、短期的な商品のやりとりではなく、「サービス」を提供しているのが、~aasというサービスのニュアンスといえます。

まとめ

・昨今トレンドとして広がっている~aasというサービス形態。

・短期的な取引ではなく、継続的関係。

・商品ではなく、サービスとして会社は顧客に提供する。

理解の広がりに貢献できれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました